糖質(炭水化物)

  糖質は私達の最も大切なエネルギー源になり、血糖値を一定に保つために重要な働きをしています。 最も単純な構成の単糖類と、単糖類が2個結合した二糖類、単糖類がたくさん集まった多糖類とに分けられます。1日の消費エネルギーのうち、およそ60%は糖質から摂取するのが望ましいとされています。必要以上に摂取すると体脂肪となり、肥満の原因になります。糖質を消費させるにはビタミンやミネラル、特にビタミンB1が必要ですので、ウェイトダウンさせたい人は、運動すると共にビタミンB1もたっぷり取りましょう。

  二糖類や多糖類は体内に入り、唾液中の消化液アミラーゼによって加水分解され、胃を通過するまでにさらに分解され、小腸で消化酵素により分解され単糖類になって吸収されます。小腸で吸収された単糖類は血液によって肝臓に運ばれ、ガラクトースと果糖はブドウ糖に変えられ、最終的に糖質は全てブドウ糖になります。今直ぐ使われるブドウ糖は血糖として全身の血液に送られ、エネルギーとして使われます。余ったブドウ糖は肝臓や筋肉組織ででグリコーゲンとして蓄えられます。蓄えられたグリコーゲンは必要に応じてブドウ糖に戻され、エネルギーとなる訳ですが、グリコーゲンとして蓄えられるには量には限度があり、人間がゆっくりすごして一日に必要なエネルギー分だけです。それ以上の糖質は体脂肪となります。

  スポーツをしたり過労、低血糖等今直ぐ糖質が必要な時は、お菓子や果物の単糖類や二糖類の方が、分解され吸収される過程が少なくて済むので即効性がありますが、取りすぎると血糖値が急激に上がり糖尿病や高脂血庄の原因になります。通常はご飯やパン等の多糖類から摂取する様にしましよう。

種類
糖質名
単糖類ブドウ糖(グルコース)
ガラクトース
果糖(フルクトース)
二糖類蔗糖(砂糖):ブドウ糖と果糖
麦芽糖(マルトース):ブドウ糖が2個
乳糖(ラクトース、牛乳に含有):ブドウ糖とガラクトース
多糖類でんぷん(ご飯、パン、麺類、芋類に含有)
グリコーゲン(牡蠣、スッポンに含有)


HOME  栄養素目次  ビタミン  ミネラル  脂質  糖質  蛋白質  食物繊維